苗物の通販濃い情報

苗物に関する通販商品をご紹介しています。



TOPページ | 次のページ

【カンアオイ】オナガカンアオイ

価格: 712円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
咢片の先がひも状に長く伸びる珍花。宮崎県産。 7.5cmポット植え【耐寒性】強 【日照】日陰  【水やり】普通  【ウマノスズクサ科】  【花期】4-6月  【冬期】常緑  ※栽培環境により花色は多少変化することがあります
(更新日時:2018/05/13 07:35)

予約新苗 【バラ苗】 キャンドルライト (HT黄色) 国産苗 新苗 ○ 【四季咲き.木立.大輪.ハイブリッド・ティー】《J-HT20》 ※5月末頃までにお届け

価格: 1,880円 レビュー評価:3.0 レビュー数:1
【下記、ご了承の上ご注文くださいませ】 ●5月末までにお届けの予約新苗とそれ以外の苗等、同梱できない組み合わせを一緒にご注文された場合は、申し訳ございませんが5月末までにお届けの予約新苗の方をキャンセルさせていただきます。 ●5月末までにお届けの予約新苗の同梱は、同一決済の場合は何度でも追加注文可能です。 高温期は見本の花色・花形と異なる花が咲きます。 見本の画像は春や秋に開花した時の写真になります。   ↓↓↓  クリック  ↓↓↓【バラ苗ご注文時に必ずお読み下さい】 ※新苗の育て方はこちらをご覧ください! 春から冬まで新苗の育て方をスタッフが写真付きでわかりやすくお伝えしています。 育て方が分からなくなっても安心☆育て方のパンフレットも一緒にお送りします^^ それでも分からない時はバラ好き交流掲示板でご質問くださいね♪ 最後に バラ大好き店長のブログです^^ぜひご覧ください! バラ苗 
(更新日時:2018/05/13 07:35)

野菜苗 ミニトマト 赤【フラガール】(実生苗)?クリスピータイプのミニトマト?

価格: 380円 レビュー評価:4.33 レビュー数:3
商品説明サイズ9cmポット苗 注意事項画像は参考画像です。ひとつひとつ形状や高さが違う場合があります。ポットの色や形、サイズが変更される場合があります。こちらの商品は毎日の在庫数の変動が 激しい商品となっております。欠品する場合がございますので予めご了承ください。実生苗と接木苗について接木苗 連作障害に強い     連作が可能     病気・害虫に強く多収    実生苗 価格が安い    食味が良い    連作できない  ※連作とは・・・  同じ野菜または同じ科の野菜を同じ場所で  続けて作ること   野菜によりますが数年場所を変えることが            必要です。 左の画像をクリックしていただくと拡大画像をご覧頂けます
(更新日時:2018/05/13 07:35)

バラ苗 ジェームズLオースチン 大苗ER6L専用角鉢入 ピンク系 イングリッシュローズ

価格: 5,400円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
ジェームズ・L. オースチン James L. Austin イングリッシュローズ カテゴリー イングリッシュローズ (English Rose Collection) 育種者  David Austin 花形  八重/多弁 強健さ  強い 開花性返り咲く 作出国  イギリス 花色  チェリーピンク 芳香の強さ  中?強香 花形  ロゼット咲き 樹高 1m x 幅0.6m   うっとりするようなフルーティーな香りを漂わせる深いチェリーピンクの大輪 「ジェームズ・L.・オースチン」は群を抜いて健康的で育てやすいだけでなく、美しさでも傑出している品種です。 無数の花びらが大型の完璧なロゼット型を形成し、中心がボタンアイになる深いチェリーピンクの花を咲かせます。 数多くの花を繰り返し咲かせ、一度開いた花は悪天候にも影響されません。 クロフサスグリ、ブラックベリー、ラズベリー、チェリーといったダー
(更新日時:2018/05/13 07:35)

ニッコウキスゲ (禅庭花・ゼンテイカ) 10.5cmポット苗 【やま菜(同じ店舗名ですと同梱出来ます!)】

価格: 624円 レビュー評価:5.0 レビュー数:2
※今季の花芽は、ありません。 来年開花見込となります。 ※画像はイメージ画像です。 商品名 ニッコウキスゲ 別名 禅庭花(ゼンテイカ) 備考 10.5cmポット苗 和名 禅庭花 科名 ユリ科ワスレグサ属 特性 多年草 花言葉 心やすらぐ人 開花時期 7?8月 食用時期 - 出荷時期 通年 植える場所 日向 食し方 - 概要 花は朝顔の様に朝開花し、夕方にはしぼみます。1日花ですが、大株になると次々と花を咲かせ、長期間楽しむことができます。ニッコウキスゲの名が有名ですが、標準和名は禅庭花(ゼンテイカ)だそうです。 育て方 自然界では高原の湿地に自生しています。日当たりのよいところの方がよく育ちます。水やりは上部があるうちは1日1回、冬場は乾いたらばあげる程度で良いでしょう。庭植えの場合は、植物が好む場所に植え付け、根付けばそのままで大丈夫です。もともと湿地性なので、乾燥しないように注意してく
(更新日時:2018/05/13 07:35)

Supported by 楽天ウェブサービス

TOPページ | 次のページ